Investment

Today, Japanese firms account for more than half of the foreign direct investment in Tennessee.   Nearly $16 billion in capital investment is credited with creating more than 305,000 jobs for the state’s residents in fields such as autos, electronics and renewable energy.  Considering that in 1977, Japanese investment comprised only about 2 percent of all FDI in Tennessee, this growth is nothing less than astounding.

Companies that are now among the world’s leaders in manufacturing, technology and logistics are at home in Tennessee.  Bridgestone, Brother, Denso, Komatsu, Mitsui, Nissan, Sharp, and Toshiba are just a few of the better known Japanese brands that have maintained a longstanding and growing presence in the state.

Download and explore the depth of Japan’s investment in Tennessee, compliments of the Tennessee Department of Economic and Community Development: Directory of Japan’s Investment in Tennessee 2009.

 

投資

現在、テネシー州内における海外からの直接投資の過半数は日系企業からの投資となっています。日本企業はテネシー州内で約140億ドルの資本投資を生み出し、自動車、電気、そして再生可能エネルギ-の分野に於いて3万5千人の雇用を創出しています。1977年の日本から州内への投資は2%に過ぎなかった事を考慮すると、この成長率は並一通りではありません。

現在の世界の先端を行く製造、技術、物流業界の企業は、テネシー州を拠点としています。ブリジストン、ブラザー、デンソー、コマツ、三井、日産、シャープ、そして東芝、テネシー州に拠点を置くこれらの日本企業は、州内で長年にわたり維持され続け、現在も成長している世間に良く知られているほんの一部です。

テネシー州内の日本企業投資の詳細をダウンロードできまので、どうぞご利用下さい。2009年度テネシー州日系投資企業一覧:テネシー州経済地域開発庁からのコンプリメントです。

<< May 2017 >>
 
S M T W T F S
 
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3